物事の本質を見誤らないようにしよう…

籠池前理事長のラジオ番組生出演でのコメントに憤りを覚え、徹底的に調べようと意気込んで取り上げたのですが、徐々に「籠池vs権力組織」という構図に変わってくるや、今度は籠池前理事長を応援する世論が形成されてきました。

加計学園など、第二の森友問題とも言われることが出てきて、さらに第三、第四と続くのではとも言われています。

森友問題を取り上げたときに出てきたノンフィクションライターの菅野完氏は、「ジャーナリストは常に弱者の味方であるべきだ」という持論を述べています。

菅野氏は、教育方針や思想等で籠池氏に共感しているわけではなく、もしこれが「籠池vs保護者」という構図であれば保護者の味方をするが、「籠池vs権力者」という構図なら、当然籠池氏を応援すると述べています。

その立ち位置には私も共感します。

森友問題も加計問題も、絶対的権力を握っている人による「アンフェア」がまかり通る世の中であることへの怒りが根底にあります。不平等、正当な手続を踏んで努力した人に砂をかけるように、公然とえこひいきがなされていることを許していいのかという事が問われているのです。

総理夫人が森友学園に寄付をしたところで、総理も夫人も罰せられることはありません。

忖度なんて当然あります。忖度を語ればそれは主語が違います。忖度するのは権力を持っている側ではありません。

ただ、忖度するように仕向けたこと、総理夫人が理事長や名誉校長に就けば、誰だって忖度はします。忖度を期待しての行動でしょう。それは立証はできませんが容易に想像できます。

権力者が理事長や名誉校長就任を受諾する行為、まさに「未必の故意」ですよね。

民間団体側も、忖度期待で、高い給料を払って天下りを受け入れるわけです。それが総理夫人であればどれほど心強いことか。

こんな問題よりももっと大事なことがあるという論理は、一見正しいようですがまったく間違っています。

問題の優劣は誰が決めるのか。憲法改正よりも年金問題を何とかして欲しいですし、共謀罪よりも待機児童を一刻も早くなくして欲しいです。

安倍総理が、森友問題が出始めたころに、自身の職を、つまり議員辞職を口にしたことにより、何一つ認めることができなくなったのです。

総理自身の議員辞職発言が、話をこじらせてきているのでしょう。

寄付したと認めたっていいはずなのですけどね。そんなちっぽけな話を認めれば、さっさと森友・加計問題は、書類等を公開してとっとと片付ければいいのです。

時間の無駄をしているのはどちらでしょう。

まあ、今回のことで、野党のふがいなさも明らかになりましたけどね。

豊洲移転問題も、結局は豊洲に移転するわけで、これは最初から小池都知事はそう考えていたと、側近中の側近である若狭勝氏もテレビ番組で言っていました。

小池都知事が盛土等の問題をクローズアップさせて豊洲の再調査をさせたのも、挙句の果てに築地ブランドを守るという策に出たのも、全て、都民ファーストの議席を伸ばすための策略だったということです。

これも立証できませんが、もはや多くの人はそう思っていることでしょう。

それでも都民ファーストは議席を伸ばすのでしょう。5年後は小池都知事は都知事ではいないと思いますよ。国政復帰していると思いますけどね。総理大臣になっているのかもしれませんね。

豊洲維持費として巨額の都税が使われ続けたということは事実です。

そもそも東京ガス側も移転反対をしていた豊洲に、築地市場移転を決めた経緯はまったく明らかにされていません。

石原・浜渦両氏の責任を、都税をかけて行った百条委員会での茶番劇を行うことでガス抜きされたわけで、これで真相は明らかにはされませんでした。

豊洲移転の本質はわからないままで、責任をいろんなところに転嫁して、それをうまく利用して泳ぎきった人が居る、ただそれだけになってしまいました。

おそらく物事の本質は、最初は単純なものだったと思います。そこにいろんな人が群がることで複雑に見えているのでしょう。

なんか私たち国民は、馬鹿にされ続けているような気がしてならないのですがね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中