道徳教育義務化

道徳教育義務化が議論されたのは、2011年秋に大津市で起こった、いじめを苦に自殺した中学生の事件がきっかけでした。

それまで道徳が教科とならなかったのは、子どもの道徳心に成績をつけるのはいかがなものかという理由で見送られてきました。

大津市の事件をきっかけに道徳の教科化がすすめられ、2018年度から小学校、2019年度から中学校で、週一回教科となることになりました。

ただ、大津市のいじめにより自殺した事件に関して、第三者委員会の検証結果には、このようないじめの問題は道徳教育では解決できないという報告がなされているのです。

政府が言っていることと整合性がとれていません。

道徳の教科化は2006年に第1次安倍政権が打ち出しましたが、文科相の諮問機関・中央教育審議会(中教審)が「心の中を評価することになる」と難色を示し、見送られた経緯があります。

2012年末に発足した第2次安倍政権は再び教科化を検討、2014年にメンバーを入れ替えた中教審が教科への「格上げ」を求める答申を出して実現しました。

道徳教育義務化には、なにか違う意図を感じざるを得ませんね。

おりしも教育勅語が話題になっている状況で、塚本幼稚園を安部総理は絶賛していたわけで、籠池前理事長は日本会議とかかわりある人物ということで、どうも日本会議の思想が関係しているような気がしてなりません。

日本会議に関しては、かつてこの情報誌でも取り上げました。

家族単位で社会を形成し、夫婦別姓反対、それが日本会議です。教育勅語を教科書にするような動きは、まさに日本会議が喜びそうなものではないでしょうかね。

教育勅語には、親を大事にするなど良いことが書いてあるというなら、暴力団の綱領にも、社会貢献や博愛の精神が明記されています。

教育勅語は「朕は」から始まる天皇の国民に向けてのメッセージです。国民主権の観点から憲法にそぐわないとされています。

思いやりを教えるのに、教育勅語でなかければならないのか、教育勅語が歴史的にどのように誕生し、戦後なくなったかを考慮すべきです。

声高にこのようなことを権力側は示すというのは、まさに価値観の押し付けになると指摘する声が多いのも事実です。

権力側が国民を掌握するには、教育を牛耳る、学校教育を通じて洗脳することで国家運営が行われたことは、歴史が証明しています。

戦前の「修身」の授業で「非国民」という概念を植え付けたとされています。

国が示す価値観と違う者はすべて非国民となるのです。この思考ロジック構築が問題であり恐ろしいのです。

道徳は今まで副読本の扱いでした。それが教科となり、初めての小学校道徳の教科書検定が終わり、8社25点66冊が出そろったそうです。

その審査過程が話題になっています。

「しょうぼうだんのおじさん」という題材で、登場人物のパン屋の「おじさん」とタイトルを「おじいさん」に変え、挿絵も高齢の男性風に変更(東京書籍、小4)。

「にちようびのさんぽみち」という教材で登場する「パン屋」を「和菓子屋」に変更(東京書籍、小1)。

「大すき、わたしたちの町」と題して町を探検する話題で、アスレチックの遊具で遊ぶ公園を、和楽器を売る店に差し替え(学研教育みらい、小1)。

いずれも文科省が、道徳教科書の検定で「学習指導要領の示す内容に照らして、扱いが不適切」と指摘し、出版社が改めた例です。

以下、報道されている変更の理由をそのまま載せます。

おじさんを修正したのは、感謝する対象として指導要領がうたう「高齢者」を含めるためだ。文科省は「パン屋」についても、「パン屋がダメというわけではなく、教科書全体で指導要領にある『我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつ』という点が足りないため」と説明。「アスレチック」も同様の指摘を受け、出版社が日本らしいものに修正した…

検定に臨んだ8社は、2015年に告示された指導要領が学年ごとに定める「節度、節制」「感謝」「国や郷土を愛する態度」など、19~22の「内容項目」を網羅することを求められたそうです。

パン屋は「国や郷土を愛する態度」にそぐわないのか…実際、パン屋さんは怒っているそうですよ。

学校給食で協力してきたのに、裏切られた…ってね。

ネット上で「パン屋は非国民か」という書き込みがありました。これが恐ろしい
のです。

「薄っぺらの愛国心」と厳しい指摘も見られます。教育の右傾化を懸念する声も
専門家から上がっているようです。

この国は、いったいどこに向かって行っているのでしょうか…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中