解散が噂になっている状況

安倍総理は、ここまで森友問題が大きくなるとは思ってもいなかったでしょう。総理自身、「高を括っていた」と思います。だから議員辞職なんて強気の言葉も飛び出したのだと思われます。

その火消しに、自民党は必死になっていて、半ば強引に無理やりに理論を組み立てようとしています。

今はもう、国と大阪府の醜い責任のなすりあいです。

政権にすれば、大阪地検特捜部に、さっさと籠池前理事長を逮捕してくれと思っているのでしょう。すでに、裏で指示を出していることでしょうね。

教育的思想には納得できないが、政権に刃を向けた籠池前理事長にエールを送るひとも多いかもしれませんね。

最後は問題のすり替えで終わらされるのでしょうか。逮捕で幕引きですか。

国有地払下疑惑は財務省疑惑です。麻生財務大臣まで手が届かないのでしょうか。

公明党としても、冬柴鐵三元国交相の名前も出てきていて、対岸の火事でもなくなってきています。この問題を長引かせたくはないでしょう。

国有地安価払下の財務省マターから許認可優遇の大阪府マターに切り替えられています。

ある新聞論説員の方は、森友問題は、自民党と日本維新の会の間に亀裂を生じさせたと指摘しています。今後の政局にも大きな影響があるでしょう。

橋下オーナーは安倍総理のために部下の松井代理社長を売るのか…なんて見方をしています。

永田町では、非現実的とは思いますが、解散の噂も出てきています。

公明党にすれば、東京都議選に集中したいので、国政選挙は先送りしたいところなのですが、小池旋風で、都議選の投票率が上がりそうで、組織票頼みの公明党にすれば投票率が上がることはかなりの不都合になります。

東京都では自民党とは袂を分かちましたが、国政では依然政権支持率が高いことを利用して、都議選に解散をぶつけ、国政の勢いを都議選に持ち込もうという動きもあるようです。

ただ森友学園問題がありながら、自民党支持率は下がったとはいえそれなりの数字を稼いでいます。

それだけ野党がだらしないということがはっきりとしているわけです。

それをどう判断するのかですが、一般的には秋以降の解散でしょうが、この時期にも解散の噂が出るのは、政権側も相当追い込まれているとも言えます。

共謀罪と言うと怒られるテロ等準備罪を、是が非でも通したい自民党は、こんな状況でも支持率が上がらない野党をにらみながら、ひょっとしたら解散してくるのではとの憶測もわからないではありません。

森友、共謀罪、都議選、これらの風をどう読むのか、いずれは解散カードは切ってきますので、その有効なタイミングを計っているのでしょう。

小池都知事は、豊洲移転問題を都議選の争点としたいようで、都議選まではこの問題は決着はつかないのでしょうか。

小池都知事がやっていることは政局であって政策ではないということを見抜くべきです。

小池都知事は、豊洲移転を住民投票にかけようとしています。最後の決段を都民にゆだねるというのです。

何億もの税金を使って、自分の責任を都民に押し付けるしたたかささ、さすがに政界をうまく渡り歩いてきた日和見政治家だけのことはあります。

小池旋風が中央国政にも影響を及ぼしていることは間違いありません。

安倍総理と小池都知事、かつては小泉劇場の同じ主要キャストだったのにね。

この国は本当にこれでいいのでしょうかね…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中