マイナンバー制度の勉強会で感じたことは…

先週の土曜日、マイナンバー制度の勉強会がありました。この制度をバックアップしている機関による勉強会で、制度の概要を把握する内容でした。

世の中で突っ込まれているところはさらっと解説し、80分間、表面的な内容ではあったかと思います。

受講者から「この制度を賛成した政党はどこだ」という質問が出たときは、思わずわれってしまいました。私も、「今後、この制度のデメリットが強調され、廃案になることはないのか」という質問をぐっとかみ締めていただけに、思わず笑ってしまいました。

講師も正直に言っていましたが、制度導入で、初期費用が、各自治体の修復費用抜きで3,000~4,000億円かかっていて、民間企業を含めると2兆円以上のコストがかかっているそうです。それに見合う効果があるのか、かなり疑問視されています。

講師が所属している機関は、その効果を数字で作るところだそうで、なかなか作れないと言っていました。

マイナンバー制度の未来展開予想を聞けば、運転免許書を兼ね備えたり、デビットカード、キャッシュカード、ポイントカードも連動させるらしいです。

高市総務大臣が、各店ポイントをいっしょにさせると言っただけで、大非難を浴びたことを、平気で文章にしているところが恐ろしいです。

私たちは利便性を手にする代わりに、とても大切なものを失っていくことに気がついていないようです。そもそもマイナンバー制度導入で便利になるのは、本当に国民なのでしょうか。役所や官僚だけが便利になるような気がしてならないのですがね。

やはり、マイナンバー制度は見直すべきだと、今回の勉強会でつくづく感じました…

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中